復興する。

何もかもが流されてしまった津波の被災地で、
人々が以前のような暮らしを取り戻すためには・・・

今現在たくさんの支援が必要なことは言うまでもないですが
やっぱり、「仕事」「収入」が何とかならないことには根本的な解決にならないと思うのですね。

そうしたなか、こんな取り組みがあります。

「復興市場」
被災地のお店は、店舗が流されてしまって商売ができません。
でも、これまで商売されてきた実績はありますから、仕入れのルートがあるのですね。
お客様から注文を受けて、在庫を持たないで配達することができれば、
商売は再開できるのです。
そのシステムを構築されたのが「復興市場」さんです。

Amazonの欲しいものリスト等で被災地に支援物資を送ることはできますが、
「復興市場」さんの場合には、被災地のお店から物資を買って被災者の方に送ることができます。

ブログのほうでは、物資配達の様子も分かります。
物資を届けるお店の人も、受け取る被災者の方も、笑顔がまぶしいです!
みなさんもぜひ、ご覧になってみてください。

小さな復興プロジェクト
こちらは、女川で漁業関連の仕事をしていたお母さんたちが
手作りのキーホルダーを販売しています。
「ホントのお魚がとれるまで・・」
つい先日ようやく電気が通るようになった工場で
女川の皆さんが働いていらっしゃいます。
興味のある方はどうぞ、購入くださいね。

田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト
岩合光昭さんの写真集でも有名な猫の島「田代島」も、今回の津波で大きな被害を受けました。
田代島の漁業(カキの養殖)復興と猫ちゃんたちの保護のための基金を募集しています。
1口1万円で、目標1億5千万円のうち、すでに9千万円以上が集まっています。
この資金で地元の漁業者の方たちがカキの養殖を再開できます。
数年後においしい田代島のカキが手元に届く!楽しみです!

カテゴリー ニュース タグ:
«     »

  •  

    ブログパーツの貼り付け方はこちらへ
  • 月別アーカイブ

  • あいさつ掲示板

  • メタ情報