ヤフオク!

いやあ、久しぶり!(笑)

とにかくいろいろあって、いよいよ本格的に引っ越しの準備をしているところです。

庭付き一戸建てからマンションに引っ越すとなると、収納スペースが激減するわけで、
どう考えても処分せざるを得ない「モノ」がたくさん出てきました。
なかでも、一時期大変にマイブームだったアウトドア用品。
これを処分せざるを得ないという結論に達しました(涙)

買った当時はかなりのアウトドアブームでもあったので、
けっこう「いいモノ」を揃えたんですよねえ。

もうどこだったか忘れたけど、キャンプ場にキャンプに行って、
パエリア作って食べたっけなあ。

今回ヤフオクに出品したのは
PRIMUS プリムスエクスカイザーEX-3240B(使用品)【廃盤】
スノーピーク ランタンスタンド LT-1(現パイルドライバー)

どちらも現在は廃盤になっていて、中古でしか手に入らない品です。
どこのお店で買ったのか忘れちゃったけど、昔よく行ってたのは鳥屋野潟のWest?
だったので、そのあたりかしら。
プリムスのエクスカイザーEX-3240Bというのは、
とっても優しいフォルムの真鍮製のガスランタンで、
あんまり明るすぎず、いわば電球色の蛍光灯みたいな感じ?(違うかw
スノーピークのランタンスタンドは、ずっしりと重くて、
ランタンを下げる部分の金具の重厚さが素敵な品物でした。

オットがすごくこのランタンスタンドを気に入っていて、
家の庭でも灯してみていたのを思い出します…懐

あまりに気に入っていたものなので、物の価値が分かる人にお譲りしたいということで
あえて高値でオークション開始。
さてさてどうなることやら。

カテゴリー お気に入り 


福島県合唱連盟主催の「全日本合唱コンクール出場団体壮行演奏会」に行ってきました。

長いタイトル(笑)
実際はもっと長い。

「第65回全日本合唱コンクール全国大会出場団体壮行演奏会ならびに第35回おかあさんコーラス全国大会出場報告演奏」
2012年10月14日(日)14:00
郡山女子大学建学見学記念講堂

現在、新潟と仙台を行き来する生活をしている関係上、中間地点にある郡山で開かれる演奏会なら聴きに行けるんじゃない?ということで、行ってみることにしたのです。なにせ、あの有名な安積黎明だったり会津高校だったりの演奏を生で聴けるチャンス。しかも、中学から一般まで、各ジャンルで全国大会に出場することが決まっている団体の演奏をいっぺんに聴けるという、福島県合唱連盟でなくてはなしえないと思われる、貴重な機会です。

開会のあいさつで知ったのですが、全国大会壮行会は今回が初めての開催なんですって。ずっとあたためられてきた企画ではあったようなのですが、多くの団体が関わるものだから難しかったんでしょうね。
私はTwitterでこのイベントを知ったんですけど、ほんとに聴きに行けてよかったですよ。
続きを読む

カテゴリー 合唱 


大人買い、ではない、大人の買い物

久しぶりに、ちゃんとした靴を買いました。
カジュアルなのと、ちょっとヒールがあるのと。

実は、どこで靴を買えばいいのか、
手頃な靴を扱っているお店がだんだんに身の回りからなくなって
困っていたのですね・・・

昔は、好きなブランドがありました。
フィリップ・ボワイエとか、マリールーとか。
(今はどちらもなくなってしまったのかな。)
青ジャス(笑)のなかにあった靴屋さんでも、
そういうブランド物の靴も扱っているお店があったのですが、
このごろのスーパーでは、テナントとして入っている靴屋さん、ってのはほとんどなくて、
靴売り場で扱ってるのは安いケミカルシューズばかりになってきました。
それで通販で買ったりしてたのですが、
サイズに当たり外れがあるしねえ・・・(´・ω・`)

やっぱりこれではいかんな、と思いまして、
デパートに行ったです。
欲しい靴のイメージははっきりしていたので、
店員さんに靴選びを手伝ってもらったです。
これが、大正解。

カジュアルな靴は、これから厚手の靴下をはいても大丈夫なように
ワンサイズ大き目を選びましたが、
歩いてみると、やっぱり踵がちょっと浮いてくるんですね。
で、店員さんが履き方をアドバイスしてくれました。
「踵を奥までしっかり入れた状態で、靴ひもをきつめに結んでみて下さい」
うん。これでOK!
すごく履きごこちが良くなりました。

もう1足は、ヒールが5センチ以内で
甲の被りが深くて、スクエアトゥに近いもの。
自分でざっと見て回って、どうもピンとくるものがなかったんだけど、
店員さんにイメージを伝えて探してもらったところ
「これなどいかがでしょう?」
と、ほぼイメージに近いものを持ってきてくれました。
お値段も予算以内!これ重要!

ここの靴売り場には何度か足を運んだことがあるですが、
たいていは迷った挙句に買わずに帰る、っていうことが多かったのです。
今回は、店員さんに靴選びを手伝ってもらえてホントによかったな♪

若い頃は、店員さんに話しかけられるだけでドギマギしたもんですが、
この頃は、大人の余裕、ですかねー(笑)
あははは

カテゴリー お気に入り 


国民の一人として

「国民の皆様へ」

というレターが届いたのです。
お国の偉い方から。

そうです。
何を隠そう私は
田代島にゃんこ共和国」の国民なのです!

宮城県石巻の田代島のにゃんこたちのことは、
岩合光昭さんの写真集で知っていて、
写真展を見に行ったころから
「あったかくなったら行ってみようね」と言ってたのですが、
そのわずか2ヶ月後にあの大震災と津波・・・

人的被害は少なかったようですが
船着き場が壊れて船がつけなくなったり
漁業用具が全て流されて主要な産業だった牡蠣の養殖などができなくなったり
島の人たちが再びそこで暮らしていけるかどうか、っていう
大変な状況に置かれたわけです。

田代島のかわいいにゃんこたちのために何かしよう、ってことで
支援基金に申し込んだわけですね。1年ちょっと前に。

したらば、晴れて国民として認められて「国民証」が送られてきたわけですが、
このたび、国民共通のグッズとして
マルチポーチと猫の手ストラップがきましたのだ!
くぅぅ。

あと数年経つと、いま一生懸命漁師さんたちが育てている田代島の牡蠣がやってくることになっています。
いや、牡蠣が欲しくて支援金振り込んだわけじゃないんだけど、
立派な牡蠣を育てて出荷するっていうことが現地の人たちの目標であり励みであると思うから、
それを受け取ることがすごく楽しみ。
それまでに引っ越してしまうかもしれないから、ちゃんと「国」に住所変更届をしなくてはね。

田代島の、震災後からこれまでの歩みと、にゃんこたちの様子は、
田代島にゃんこザプロジェクト 田代島便り
を最初からずーーっと読むとよいですよ。

支援金を使って、島の公衆トイレも再建されつつあるようです。

落ち着いたら今度こそ、田代島のにゃんこに会いに行くぞ!
国民と義務として!(笑)

カテゴリー ニュース タグ:


「ふるさと絆交流会」で歌ってきました。

9/15に月岡温泉の泉慶を会場に開かれた「ふるさと絆交流会 in 新発田市」で、新潟混声合唱団として歌を歌ってきました。

新潟県内には、いまなお6,000人をこす避難者の方が暮らしていらっしゃいます。
放射能の影響で帰宅そのものが許されない人、帰りたいけれど福島県内の仮設住宅に入れなくて新潟にいる人、放射能の影響が心配で自主避難してきている人、仕事再開のめどが立たない人・・・。新潟に避難してこられた経過も様々でしょうし、今置かれている状況も、お一人お一人が違った苦労を抱えていらっしゃることと思います。

そういう方たちが、避難先の自治体ごとではなく、避難元の自治体ごとに集まれる広域的な集まりを持とうということで、新潟県内3ヵ所で開かれているのが、この「ふるさと絆交流会」。私たちは、下越地域での集まりに出させていただきました。

泉慶の大広間には300席ほどが用意されていると聞きましたが、会場に行ってみると、ほぼ満席状態。
「南相馬市」「大熊町」「富岡町」・・・もともと住んでらした地域ごとにテーブルが設けられて、それぞれの席では久しぶりに顔を合わせた方々がお互いの近況を知らせあったりしているようでした。

私が参加している「新潟混声合唱団」には、南相馬市から避難してきた男性が、昨年6月から団員として加わっています。
小学生のころから歌を歌っていたそうで、震災と原発事故で新潟に避難してきてからも「歌を歌いたい」と思っていたそうです。ホームページを検索して、うちの合唱団の練習日に訪ねて来て下さり、それ以来、ずっと一緒に歌っています。
その方とのご縁で、今回、この交流会で歌を歌わせていただくことになったのでした。

うちの合唱団は9/22に定期演奏会を控えているので、定演で歌う歌の中から4曲を歌わせていただきました。
最後に「川の流れのように」を全体合唱させていただきました。

私はと言えば、最初のほうの歌詞の「ふりかえれば はるか遠く ふるさとが見える」と歌ったところで胸がいっぱいになってしまいました。
歌っている側がこんなふうになっては、絶対にいけないのです・・・。恥ずかしいことです・・・。
でも、自分の目の前に、こんなにたくさん、ふるさとからはるか遠く離れて暮らさざるを得ない人がいるのだと思うと、たまらない気持ちになりました。

会場では、ご年配の女性の方など、いっしょに声を出して「川の流れのように」を歌ってくださいました。
本当に嬉しかったです。歌を歌っていて、これほど「嬉しい」と思ったことはありませんでした。本当にありがとうございました。

なんの落ち度もないのに、ある日突然住み慣れた町を離れなければならなかった、なんという「理不尽」さ。
単なる自然災害と違って、自分の胸に湧いてくるのは「怒り」です。
自分のできること、常にそれを考えます。
大したことができるわけではないけれど、こうして情報を発信すること、想いを伝えていくことだけは続けていきたいと思います。

と、中学生の日記のようなエントリーになってしまった。

カテゴリー 合唱 タグ:


« 前のページ次のページ »

  •  

    ブログパーツの貼り付け方はこちらへ
  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • あいさつ掲示板

  • メタ情報